身の丈にあった金額の住宅をマイホームに

「一戸建て住宅をマイホームにしよう」と、考えた時に、中古住宅も視野に入れて一軒家を探しました。べつに新築一戸建て住宅にこだわってはいなかったので、中古住宅も視野に入れていたのです。

それで、不動産屋さんから紹介された中古住宅の中には、「新古品」とも言うべき新しい中古住宅もありましたね。そして、築浅の段階で家主が手放した理由を聞いて、私たち夫婦も身が引き締まりましたよ。教訓的に。

それは「無理な住宅ローンを組まない」ということです。もとい「分不相応に家にお金をかけない」ということでしょうか。築浅でマイホームを手放す人の中には、住宅ローンの返済ができない人も多いのです。いや、結構そのような人ばかりだという印象です。「転勤につき手放した」という人もいましたけれど。

やはり、「一生に一度の一戸建てマイホームだから」と張り切って、身の丈に合わない金額の家を建ててしまう人も多いようで。けれど結局支払いができずに、手放すこととなるのです。ですから私たちが家を建てる時は、決して無理した金額の家にしないようにしようと、身が引き締まりましたね。せっかくのマイホームを手放すこととなったら悲しいですから。

クレジットカードの即日発行じゃけん 英語上達の秘訣 お家の見直ししま専科 生命保険の口コミ.COM 工務店向け集客ノウハウ 内職 アルバイト 貯蓄 家計見直しクラブ 住宅リフォーム総合情報 英語上達の秘訣