建物の外廻りにかかるランニングコスト

注文住宅でも、建売住宅でも日本の戸建には外壁材としてはサイディングという外壁材がよく使用されます。板金やタイル、モルタル壁といった材料もありますが、窯業系サイディングという外壁材が近年多いのではないでしょうか。

約10年ほど経つと外壁のメンテナンス時期が訪れます。特にサイディング外壁になると立地によっては、日当たりがよくて紫外線の影響を受けやすかったり、周辺に山林があったり、外壁近くに植樹した庭木などの影響で汚れが付着しやすかったりと。

そして必要になってくるのが「外壁塗装工事」と呼ばれるメンテナンス工事です。外壁だけに関わらず、塗装が必要な屋根だったり樋、軒裏だったりと案外塗装をする箇所が多く、サイディングが使われている建物にはその材料の隙間をコーキングと呼ばれるゴムのような隙間充填剤もあり、そこにも剥がして新しいものを充填する工事などが必要です。

外壁のメンテナンス時期が到来すると、大きな出費がかかります。

建物の形状や面積により、塗装工事に仮設工事として必要になる足場設置工事など、注文住宅で計画するならば打合せの時に設計士に10年後を考えた計画も提案してもらうとよいと思います。