希望の詰まった注文住宅でよかった

念願のマイホームを購入しようとあちらこちらの一戸建ての建売住宅を見学してきたけど、どれもピンと来なかった。悪くはないんだけど、何か自分たちにピッタリとハマった感覚が薄く決断できずにいました。

そこで、思い切って注文住宅に舵を着ることにしました。
注文住宅にすることで、いまある家具の大きさに合わせて部屋の間取りをカスタマイズできるメリットがあり、こだわって購入したタンスや食器棚をそのまま新居にすっぽりとはめることができたのがよかったです。

また外壁は洋風なものが良いという妻と子供の要望があり、プロバンス風に外壁を作り塀にもプロバンス風にあったデザインのフェンスや趣味の花壇スペースを設けることができるなど自由度の高く、他にはない自分たちの夢が詰まったマイホームを作り上げることができました。

ただし、注文住宅だったので一から全てを決めていかなければいけないため、間取りや壁紙の色、トイレの場所や収納スペースなど考えていくのが体験でしたが、出来上がった家を見たときには愛着が湧きました。