結局パントリーとはいえない代物になってしまいました

台所にパントリーをつけるのは、長年の夢でした。何分にも、共働きで、食品ストックは必需品でしたが、収納場所がなく、そのとき、家の中であちこちに分けて収納している食料品を一か所にすっきりと片付けたいと思っていました。ですから、台所に、パントリー、と設計段階からずっと主張し続けました。
ところが、図面を実際に書いてもらうと、キッチンスペースと、ダイニングスペースをあまり広くとると、リビングスペースが随分小さくなるということがわかり、では、ということで、キッチンスペースを少し狭くして、と、繰り返し、スペースの検討をしてもらっていました。何度も設計のし直しをしてもらっていて、ふと気づくと、パントリーは存在していましたけど、考えていたようなウォーク・インのできるタイプではなく、入口の扉もない、単に、棚だけついている、というものになっていていました。
憧れのパントリーだったけど、これじゃあ、物置じゃない、というのが私の本音ではありますが、仕方ありません。優先すべきものはほかにありましたので。全体の広さが決まっているなかでの設計の工夫は大変でした。